リフレッシュ

千葉房総で「紅葉」×「滝」のコラボが全身で体感できる養老渓谷

栗又の滝 
Pocket

今日は、家族と手軽に紅葉とハイキングを楽しもう!と思い千葉県房総半島の養老渓谷に行ってきました。東京湾アクアラインを通れば東京や神奈川県からも1~2時間で行けますのでお薦めスポットです。今日の目的は紅葉と滝めぐりです。

紅葉の名所「千葉房総の養老渓谷」

養老渓谷といえば、千葉県民なら一度は訪れたことがある場所だと思います。房総随一の温泉郷ですし、渓流釣りやハイキングなどアウトドアレジャーが楽しめて、この時期(11月下旬~12月上旬)は紅葉がとてもキレイです。今日は朝から関東地方全域で霧が深く、高速道路では視界が数十メートルしかないくらいで、紅葉楽しめるか不安でした。9時過ぎには現地に到着することができ、駐車場もOK、少しずつ霧も晴れてきました。紅葉の本番はこれからかなという感じでしたので、まだまだ楽しめます。

養老渓谷観光協会ホームページ

H28年11月23日(水)「養老渓谷もみじまつり」あるそうです。
勤労感謝の日に「養老渓谷もみじまつり」を開催します。【いすみ鉄道上総中野駅前】では忠勝鍋による豚汁の販売、【養老渓谷やまびこセンター前】では餅つきの実演と販売など、【旧会所分校】では地元産のそば粉を使った手打ちそば・焼き芋の販売・和太鼓の演奏・チェーンソーカービングアートなどを行います。また、それぞれの会場では地域の特性を生かした農産物の販売も行います。

五感とウォーキング

今回、ガイドに載っている3つのハイキングコースのうち、「滝めぐりコース(約4km)」を選んで歩きました。散策していると、早速地元のおじいちゃんが焼き芋を焼いてたので100円で2つ買いましたが、めちゃくちゃ甘くてホクホクして美味しかったです。子供達がほとんど食べてしまいましたが・・・。次は、おばあちゃんが畑でとれた野菜などを売っていて、ここでは柚子5つを100円で買いました。朝早かったので観光客も少なめだったので地元の人たちと触れ合うのもとても楽しいです。おばあちゃんの話では、猿やイノシシやシカやハクビシンに農作物を荒らされて困ってるなんて話も教えてくれました。普段は街中を歩くことが多いので、田舎の道を紅葉を楽しみながら歩くのがとても新鮮でよかったです。

養老渓谷滝めぐり

やきいも

滝のマイナスイオン化した微粒子を全身に浴びる

自身のストレスに敏感な今日この頃、滝には多くのマイナスイオンが発生しているとの噂を聞き、滝のマイナスイオンを浴びたら自分の身体がどんな反応を示すのだろうと興味津々で滝めぐりを楽しみました。

《滝と飛沫浴》
滝の前に立つと心が爽快となり、全身に活力がみなぎるのを覚える。医学的には、マイナスイオン効果によるものだそうだ。即ち、滝を落下して飛び散る飛沫により、マイナスに帯電した空気イオンが立ちこめ、このマイナスイオン化した微粒子を浴びる(飛沫浴)と、喘息、ストレス、不眠症などに有効で、マイナスイオンは血液を弱アルカリ性に保つ効能のほか細胞を活性化し、体内の老廃物を排出する効果があるのだといわれている。滝との出会いを求めて濃い深山の渓谷に分け入り、森の香りと滝のしぶきを同時に浴びることになれば、「森林浴」と「飛沫浴」の相乗効果をきたし、健康増進の効果は更に高まり、まさに天恵の健康法といえよう。出典:滝のギャラリーHP

滝めぐりコースでは、大小あわせて合計5つの滝を見ることが出来ました。事前情報では「栗又の滝(養老の滝)」が全長100mあって有名と聞いていたのですが、観光客が多くてマイナスイオンを全身で感じることが出来ませんでした。私が今日ものすごく、マイナスイオン化した微粒子を浴びる「飛沫浴」の凄さを感じることが出来たのは、「幻の滝」というスポットです。

展望台から下を見ると滝があるのが認識できるのですが、数十メートル簡易的な足場を下っていくと滝の目の前まで行くことができます。2歳の子供を抱っこしながら、ちょっとぬかるんだ足元に気をつけながら、ゆっくりと下りていくと、なんとか幻の滝が目の前に現れました。10mくらいの高さの滝なのですが、正面まで行った瞬間、滝の方向から冷たい風とマイナスイオン化した微粒子が私の身体を癒している感覚がすごいです。家族みんなで両手を大きく開いて全身いっぱいに浴びるマイナスイオン最高でした。

幻の滝

以上、今日は滝の飛沫浴が思った以上に身体を癒してくれることを確認することが出来ました。

「紅葉」×「滝」のコラボレーション。房総の養老渓谷へ、是非どうぞ!
—————————————————–—————————–
最後までお付き合い有難う御座います。
それでは、また次回。
—————————————————–—————————–

Pocket

 




コメントを残す

*