職場のモラハラ実録

クラッシャー上司の進化系がモラハラ上司だと考えた1つの理由

クラッシャー 
Pocket

クラッシャー上司という表現を時々聞くことがあります。本ブログでは職場で不当な行為(身振り、言葉、態度、文書)を繰り返し、あるいは計画的に行うことによって、人格や尊厳を傷つけ、心身に損傷を与え、その人の雇用を危険にさらす上司のことをモラハラ上司と言っています。「モラハラ上司」は、自己愛が変質的なほど高まった人間ではありますが、「パワハラ上司」、「クラッシャー上司」と言われる人間との関係を自分なりに整理してみましたので報告します。

※追記※クラッシャー上司~平気で部下を追い詰める人たち~を読んだ所感

 

パワハラ上司について

まず、パワハラの定義を厚生労働省のHPより簡単に確認したいと思います。

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

続いて、パワハラの種類を6つ分類していますので、確認してみます。

《パワハラの6類型(出典:厚生労働省、あかるい職場応援団HP)》

  1. 身体的な攻撃
    • 叩く、殴る、蹴るなどの暴行を受ける。丸めたポスターで叩く。
  2. 精神的な攻撃
    • 同僚の目の前で叱責される。他の職員を宛先に含めてメールで罵倒される。必要以上に長時間にわたり、繰り返し執拗に叱る。
  3. 人間関係からの切り離し
    • 1人だけ別室に席を移される。強制的に自宅待機を命じられる。送別会に出席されない。
  4. 過大な要求
    • 新人で仕事も分からないのに、他の人の仕事まで押し付けられて同僚は皆さきに帰ってしまった。
  5. 過少な要求
    • 運転手なのに営業所の草むしりを命じられる。事務職なのに倉庫業務だけを命じられる。
  6. 個の侵害
    • 交際相手について執拗に問われる。妻に対する悪口を言われる。

以上の内容を確認すると、パワハラに分類される行為1~6については、モラハラと同一な部分も含んでいますが、ターゲットに選定した人間を支配し洗脳していくステップというかストーリーに言及している訳でなく、業務の適正な範囲を超えた単発の行為自体がパワーハラスメントであって、相手に大きな苦痛を与えるものだということが分かります。また、単なるいじめや嫌がらせのような手口であって、誰でもが狙われる可能性があると推察できます。

クラッシャー上司について

次に、クラッシャー上司の定義を調べようと思ったのですが、ネットの中ではあまり情報がなく、ウィキペディアに元・東京慈恵会医科大学精神科教授の牛島定信氏と筑波大学社会医学系教授の松崎一葉氏が命名したという情報で以下の記載がありました。

クラッシャー上司とは(出典:ウィキペディアより)

気分の浮き沈みが激しく部下のミスを執拗に責め、あるいは暴言を吐いたりして次々に部下を鬱と休職や退職に追い込むなど、その言動で部下を次々と潰してしまう上司のことを指す。

冒頭の「気分の浮き沈みが激しい」という記述からは、気性の激しい性格若しくは精神的な疾患を抱えていることが伺えます。次の、部下のミスを執拗に攻めたり、暴言を吐いたりする記述からは、自尊心が高く、支配欲が強いことが伺えます。そして、次々と部下をうつ病に追い込むところからは、人格面で相当問題を抱えていることが分かります。

こちらの定義で想像すると下図のとおり、職場のなかでパワハラやモラハラによって部下を精神的に追い込み、何人もの社員をメンタルヘルス疾患で休職や退職に追い込む上司のことを広義的には「クラッシャー上司」と考えればよいでしょう。

クラッシャー上司

クラッシャー上司の進化版がモラハラ上司と考えた理由

ウィキペディアより、クラッシャー上司について気になった記述は以下になります。

  • 企業コンプライアンスの重要性が広く知られる以前の時代の会社組織では、この様な人物は「モーレツ社員」の一種として扱われ、組織内部の必要悪として黙認され、往々に社内で出世を果たしたタイプであった。
  • しかし、現在では貴重な人材を次々と食い潰すこのような人物の存在が組織に与える害悪が認識されており、部下を次々と潰してしまうクラッシャー上司の存在がパワーハラスメントとして問題視されるようになり、得てして退職者などにより「ブラック企業」という企業全体を問題視する表現と密接に結び付けられて語られる傾向が見られる様になった。

この記述から私が推察するのは、企業のコンプライアンスが騒がれる前の時代に繁殖したモーレツ社員の一種である「クラッシャー上司」が会社組織の中で必要悪として黙認され出世を果たした(今では社内で大きな権力を持つ)

しかし、昨今企業のコンプライアンスが騒がれるようになり、これまでのパワハラが通用しなくなったクラッシャー上司は、より陰湿でブラックな心理術を身につけ支配と洗脳によって部下をコントロールする「モラハラ上司」へと進化したのではないかと考えられます。

したがって、狭義的に言うと「クラッシャー上司」は、ひと昔前のパワハラ上司のこと、若しくは、そのやり方を今でも実践している上司のことを指していると考えてよいでしょう。
——————————————–—————–
最後までお付き合い有難う御座います。
それでは、また次回。
——————————————–—————–

 

Pocket

 




コメントを残す

*