復活思考法・働き方

「嫌われる勇気」から学んだ復活思考法「アドラーの名言20選」

アドラー名言 
Pocket

こんにちは。

アドラー心理学から学んだ復活思考法とは何か?

今日は、今の自分が置かれている環境、状況や現実に不満のある人に読んでもらいたい内容です。

前回まで5回に渡って、日本におけるアドラー心理学の第一人者である岸見一郎先生の著書、「嫌われる勇気」から復活思考法のヒントを探って参りました。

アドラーの教えから復活を探る「トラウマを否定せよ」

アドラーの教えから復活を探る「全ての悩みは対人関係である!」

アドラーの教えから復活を探る「他者の課題を切り捨てよ!」

アドラーの教えから復活を探る「勇気づけのアプローチとは?」

アドラーの教えから復活を探る「いま、ここを真剣に生きる!」


そこでは、アドラー心理学が「所有の心理学」ではなく、「使用(実践)の心理学」であることを知り、アドラー心理学が「他者を変えるための心理学」ではなく、「自分が変わるための心理学」であることに気付きました。

今まさに、立ち止まってしまい、途方に暮れているあなたにとって、ひょっとしたら厳しい提言になるかも知れないけれど、アドラーはこう言います。

「あなたのライフスタイル(人生のあり方)を決めるのは、他の誰でもないあなた自身です」と。

なんだか、心にグッとくるものがありましたか?

「YES」のあなた・・・。

アドラーの言葉を借りて復活思考法を贈ります。

アドラー流、復活思考法20選

  1. 過去に何があったかは知らない。知る必要もない。なぜなら、あなたが復活して今後の人生をどう生きるかについて、過去は何の影響もないのだから。 
  2. 他者ではなく、あなた自身が変わるんだ。今あなたが抱えている問題は世界(あなたの周り)がどうあるかではなく、あなたがどうあるかの問題だ。つまり、あなたが「勇気」を持って行動できるかの問題なんだ。 
  3. 今あなたが苦しめられているのは「客観的な事実」ではなく、あなたの「主観的な解釈」でしかないことに気付くんだ! 
  4. 人生は他者との競争ではない。あなたは周りを気にせず前を向いて歩けばいい。ただ、今の自分よりも前に進もうとする気持ちが大事なんだ。
  5. 相手が自分のことをどう思おうと、好いてくれようと嫌っていようと、それは相手の課題であって、自分の課題ではない。
  6. 他者の課題を切り捨てよ。それが、あなたの人生の荷物を軽くし、人生をシンプルなものにする第一歩だ。
  7. 対人関係の悩みから開放される(自由になる)には、他者から嫌われる勇気を持つことだ。
  8. 他者を敵と見なさず仲間と見なして、そこに自分の居場所があると感じるんだ(所属感を持つ)。そのためには積極的に行動するんだ。
  9. あらゆる縦の関係を否定し、対人関係を横の関係にするんだ。
  10. あなたは何かの能力が足りてないのではない。ただ、課題に立ち向かう「勇気」が足りてないんだ。すべては、「勇気」の問題なんだ。
  11. あなたのなすべきことは、自らの人生に嘘をつくことなく、自らの課題に立ち向かうことなんだ。
  12. ありのままの自分を受け入れる(自己受容)ことができると、裏切りを怖れることなく他者を信頼することができるんだ。
  13. 周りの人が自分の仲間だと思えているからこそ、他者に貢献することができるんだ。
  14. 貢献感が持てれば、目の前の現実はまったく違った色彩となる。
  15. わざわざ自らの優越性を誇示する必要などない。普通であることの勇気を持つことができたなら世界の見え方は一変するんだ。
  16. 人生設計が崩れた?それは違う。人生とは連続する刹那(点の連続)だから、そもそも計画的な人生など不可能なんだ。
  17. 「人は何のために生きるのか?」と聞かれたら、「一般的な人生の意味はない」と答える。「人生の意味は、あなたが自分自身に与えるものなんだ」
  18. あなたは、「他者に貢献するんだ」という導きの星さえ見失わなければ、迷うことはないし、何をしてもいい。嫌われる人には嫌われ、自由に生きてかまわないんだ。
  19. あなたはもっと、「いま、ここ」だけを真剣に生きるべきなんだ。過去にどんなことがあったかなど、あなたの「いま、ここ」にはなんの関係もないし、未来がどうであるかなど「いま、ここ」で考える問題でもない。「いま、ここ」を真剣に生きていたら、そんな言葉なんて出て来ない。
  20. 「わたし」が変われば、「世界」が変わる。わたし以外の誰も世界を変えてくれない。だから、前を向いて、いま、ここを真剣に生きるんだ!

以上、「嫌われる勇気」から学んだ復活思考法「アドラーの名言20選」 いかがでしたか?

あなたの置かれている環境、状況、その現実

これからの人生には全く関係ないとアドラーは教えてくれます。

ちなみに、「嫌われる勇気」まだ読んでない人は是非とも読んでみてください!

—————————————————–—————————–
最後までお付き合い有難う御座います。
それでは、また次回。
—————————————————–—————————

↓おすすめの記事

アドラーの教えから復活を探る「トラウマを否定せよ」

アドラーの教えから復活を探る「全ての悩みは対人関係である!」

アドラーの教えから復活を探る「他者の課題を切り捨てよ!」

アドラーの教えから復活を探る「勇気づけのアプローチとは?」

アドラーの教えから復活を探る「いま、ここを真剣に生きる!」

Pocket

 




コメントを残す

*