健康リテラシー

UCCの「世界のコーヒーお届け便」でちょっと贅沢な健康生活を!

コーヒーとがん 
Pocket

前回、「日本人の「がん」の発生と生活習慣の関係について整理する」では、がんの発生と生活習慣等について学びましたが、がんの発生リスクを下げる可能性がある食品としてコーヒーが挙げられます。私もコーヒーが好きで、もう十年以上毎日コーヒーを飲んでいますから、この情報はうれしい限りですね。

今回は、コーヒーに関する健康効果と自宅で毎月厳選された美味しいコーヒーを飲むことができるUCC上島珈琲のサービスについて紹介します。

 心疾患や脳血管疾患、呼吸器疾患による死亡リスクが低くなる

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、血糖値改善効果や血圧の調整効果、抗炎症効果があるとされており、カフェインが血管内皮の機能を改善する効果があると言われています。心疾患や脳血管疾患は、動脈硬化に関係が深いので、コーヒーを飲むことの効用として生活習慣病の予防にもつながるのであれば、毎日気分のリフレッシュと共に習慣にできれば良さそうですね。

ちなみに、国立がん研究センターの「多目的コホート研究」の成果では死亡リスクの減少について以下の通り報告されています。

 研究開始時にコーヒーを飲む頻度に関する質問への回答から、ほとんど飲まない、1日1杯未満、毎日1~2杯、毎日3~4杯、毎日5杯以上飲むという5つの群に分けて、その後の全死亡及びがん、心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患、外因による死亡との関連を分析しました。本研究の追跡調査中には、12,874人の死亡が確認されました。

コーヒーをほとんど飲まない群を基準として比較した場合、1日1杯未満、1日1~2杯、1日3~4杯、1日5杯以上の群の危険度(95%信頼区間)は、それぞれ全死亡で0.91 (0.86 ~0.95)、0.85 (0.81~0.90)、0.76 (0.70~0.83)、0.85 (0.75~0.98)となっていました。すなわち、コーヒーを1日3~4杯飲む人の死亡リスクは、全く飲まない人に比べ24%低いことが分かりました。さらに、飲む量が増えるほど危険度が下がる傾向が、統計学的有意に認められました。研究開始から5年以内の死亡例を除いた場合や、男女別の場合も検討しましたが、コーヒーと死亡リスクとの間には同様の関連がみられました。

肝がんや子宮体がんの発生率が低くなる

コーヒーの効能として、よく飲んでいる人で肝がんや子宮体がんの発生率が低いという報告が数多くあります。要因については、まだ詳しく分かっていないようですが、コーヒーの持つ「炎症を和らげる効果」やコーヒーに含まれる「クロロゲン酸」や「カフェイン」などの成分によるインスリン抵抗性の改善効果等が、がんの予防に関わっているようです。

ちなみに、国立がん研究センターの研究結果では、一日4杯までのコーヒーの摂取は上記死亡リスクの低下と有意な関連があると示唆されていますので、コーヒーが好きな方には良い情報です。

自宅コーヒーも「アズ・ア・サービス」の時代へ

やっぱり自宅でも美味しいコーヒーが飲みたいですよね。最近では量販店やインターネット、イオンのような大型スーパーでも各メーカーの全自動コーヒーメーカーが買えますし、外国製のデザインもスタイリッシュな商品が沢山あるので何を買えばよいか迷ってしまいます

さらに、美味しいコーヒーを飲むのは好きだけれども、本格的な機械を導入して自分で厳選した豆を挽き、「至高の一杯」のために忙しい時間を割くことができないのも事実でしょう。

あなたは、「アズ・ア・サービス(as a service)」のこと知っていますか?「モノ」を作り販売するメーカーが、「モノ」売りから「コト」売りへ転換するための代表的な手法です。例えばパソコンのソフトは一昔前は量販店でソフトを購入することが多かったのですが、今はクラウドを通じてアップデート等含めたサービスとして「月額費用や年額費用」を支払う商品も多くなっています。これを「SaaS(Softwere as a Service)」と言います。

このような「○○・アズ・ア・サービス」は様々な分野で増えていますが、購入者のメリットとしては、初期費用ゼロ(機械やソフトウェアの購入費がゼロ)で、専門知識を持たなくても(おまかせで)最良の状態を常に提供してもらえることです。

自宅で飲むコーヒーでもUCC上島珈琲が提供する「カプセルコーヒー頒布会(世界のコーヒーお届け便)」は、専門家が厳選した世界の美味しいコーヒーを毎月提供してくれるので、日々忙しいあなたでもうれしいサービスです。しかも健康にも良いとなればなおさらですね。


UCC上島珈琲が提供する「世界のコーヒーお届け便」

このサービスでは、専用のカプセル式コーヒーメーカー「ドリップポット」と厳選された「世界のコーヒー豆」を毎月定額料金で提供を受けることができます(詳細は公式HPへ:世界のコーヒーお届け便)。プロが毎月厳選してくれる本格的なドリップコーヒーを手軽に飲みたい方にぴったりです。

毎日あなたの相棒となるコーヒーメーカーは、UCC上島珈琲が独自に開発したカプセル式コーヒー抽出システムです。一番の特徴は、以下の2点を実現することにより、プロのハンドドリップコーヒーの味わいを再現していることです。

  1. 厳選したコーヒー豆を原料にしたカプセル型(簡単でお手入れもラク)
  2. 豆にあわせた最適な蒸らし時間をコントロールするマシン(コンパクトで高性能)

UCCドリップポット

コーヒーメーカーの使い方は超簡単!

忙しい朝の時間でもコーヒーメーカーのセッティングは超簡単です。毎朝、朝食と共にコーヒーで贅沢な時間を過ごしましょう。

  1. 準備:水タンクに水を入れ電源ON
  2. ポッドをセット:マシンにポッドをセットします
  3. 抽出:湯量を設定して、コーヒー抽出ボタンをON!
  4. 出来上がり:約60秒で抽出完了!


月替わりで世界のコーヒー豆を届けてくれるから楽しい

どうしても、自分でコーヒー豆を買うときは失敗したくないので、決まった商品しか買わないことがよくあります。このサービスでは、毎月48杯中16杯を月替わり商品で提供してくれます。残り32杯分は定番のブレンドコーヒー2種です。飽きが来ない工夫がされているのもうれしい限りです。(詳細は公式HPへ:世界のコーヒーお届け便

さて、UCC上島珈琲のドリップコーヒーはなぜ贅沢で美味しいのでしょうか?その答えは3つのこだわりにあるようです。

  1. コーヒー鑑定士が「世界のコーヒー」から厳選している!
    • UCCの熟練した「コーヒー鑑定士」が世界中のコーヒー生産地からコーヒー豆を厳選している
  2. プロのハンドドリップの味わいを実現!
    • 炒りたて挽きたてのコーヒー豆を1杯分ずつ密閉パックしています。UCC独自開発のドリップポッドで「蒸らし」「湯温」「抽出速度」までプロのハンドドリップの技を再現!
  3. 電源を入れてわずか90秒、抽出音も静かで片付けも簡単!
    • 電源入れて30秒で準備完了、ポッドをセットして抽出ボタンを押して約60秒で出来上がり

coffee

以上、今回はコーヒーを毎日飲むことで、がんや心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患の発生リスクを低減できることをお伝えし、コーヒーのプロが毎月厳選し本格的なドリップコーヒーを毎日手軽に飲むことができるUCC上島珈琲のサービスを紹介しました。

気になる方はコチラ(世界のコーヒーお届け便)をチェックしてください。
—————————————————
最後までお付き合い有難う御座います。
それでは、また次回。
—————————————————
↓次の記事
20~50代、現役世代の身体活動・運動不足が健康寿命を脅かす


Pocket

 




コメントを残す

*