健康リテラシー

LDLコレステロールを下げる唯一のトクホ「緑でサラナ」がスゴイ

トクホ 
Pocket

あなたは、健康診断の結果で【脂質】に異常はありませんでしたか?

LDL-C、中性脂肪、HDL-Cという3つの項目のどれかが悪かった場合、まずは食生活を見直す必要があります。

今回は、コレステロールが気になる中年サラリーマンが手っ取り早く「悪玉コレステロールを下げる」ための習慣づけをお伝えします。

健康診断でLDLコレステロールが基準オーバーになると・・・

血液中のコレステロール値や中性脂肪値が高くなると、動脈硬化を促進して心疾患にかかりやすくなります。コレステロールには善玉と悪玉があり、HDL-コレステロールは善玉と呼ばれ、動脈硬化の進行を抑える働きがあります。LDL-コレステロールは悪玉と呼ばれ、動脈硬化を進めてしまいます。

基準では、血液中のLDL-コレステロールが基準値よりも高い(空腹時140mg/dl以上)場合、脂質異常症の一つである高LDLコレステロール血症と診断されます。また、血液中のHDL-コレステロールが基準値よりも低い(空腹時40mg/dl未満)場合、低HDLコレステロール血症となり、こちらも脂質異常症と診断されます。

栄養素摂取と脂質異常

高LDLコレステロール血症を促進させるもの

前回の、「5大栄養素と「高血圧」「脂質異常症」「高血糖」との関係を整理する」では、脂質異常症で問題になるのは、飽和脂肪酸の摂取方法の影響が非常に大きく、食事性コレステロールも影響することが分かりました。

飽和脂肪酸については、バラ肉、ハム、ソーセージなどの加工肉、バター、チーズなど乳製品に多く含まれているので取りすぎに注意が必要です。また、近年健康被害で注目されている「トランス脂肪酸」は、植物油や魚油を半固体や固体の油脂に加工する際に、水素を添加することで発生する脂肪酸で、血液中のLDL-コレステロールを増やしてしまうので、多く含まれるマーガリンやショートニングのとり過ぎにも注意が必要です。

meat

高LDLコレステロール血症を緩和させるもの

忙しすぎる中年サラリーマンが悪玉コレステロールを下げるために手っ取り早いのは食事の見直しです。高LDLコレステロール血症を緩和させるためには、主に不飽和脂肪酸、水溶性食物繊維を積極的に摂ることが挙げられます。

魚は、n-3系多価不飽和脂肪酸が豊富で、血中脂質を減らしたり、血圧を下げ動脈硬化を防ぐ働きが期待できます。特に、青背の魚(あじ、さんま、いわし、ぶり等)に含まれているEPAやDHAなどのn-3系多価不飽和脂肪酸が含まれているので意識して魚を食べることをお薦めします。また、調理油を植物性に替えたり、大豆製品(納豆、豆腐など)も不飽和脂肪酸ですので良いです。

水溶性食物繊維については、果物、野菜に多く含まれるペクチンや、もずく、こんぶ、わかめなど海藻類に多く含まれるアルギン酸などが象徴でコレステロールの吸収を抑える働きがあり、血中脂質のバランスを整えてくれます。

さらに、アブラナ科の野菜(ブロッコリー、キャベツ)由来のSMCS(天然アミノ酸)がコレステロールを下げる働きがあることに注目です

SMCS
知りたい人はコチラから⇒SMCS配合の緑でサラナでコレステロールを下げる!

忙しい、不規則な生活、飲み会、運動不足、溜まるストレス・・・

あなたは健康診断の結果が悪かったことを、お得意先で自虐ネタにしてませんか?この数年、LDL(悪玉)コレステロール値が継続して高いのなら、あなたの行く末はもしかしたら動脈硬化による脳卒中や心疾患という可能性もあります

忙しすぎるサラリーマンのあなたは不規則な食生活、運動不足も当たり前ですから、知らず知らずのうちに悪玉コレステロールは増え続けてしまいます。男性は30代から、女性は40代から高LDLコレステロール血症になる人が増えます。

気になる高めのコレステロールですが、対策の重要なカギは、野菜たっぷりの食生活なのです。しかし、男性は特に、朝食、昼食、夕食でサラダ中心の食事をしようとしても無理があります。やっぱり、肉が好きで、肉を欲している自分がいるはず!

だから、足りない分の野菜は、手軽に飲むことができ、コレステロール対策ができる、特定保健用食品(トクホ)のジュースで補うことが、簡単で習慣づけすることできる方法なのです。

コレステロールを下げる!緑でサラナはコチラです


販売実績1億本突破!!サンスターのトクホ「緑でサラナ」がすごい

「緑でサラナ」コレステロールを下げる野菜のチカラ(SMCS)を含んだ、日本で唯一の特定保健用食品なのです。飲んで3週間後にはコレステロールが低下したという試験結果もあります。なぜ、サンスターのトクホ「緑でサラナ」が1億本以上も売れているのか?

緑でサラナ

  1. コレステロールを下げる天然アミノ酸「SMCS」を含んでいる!
  2. 8種類の野菜と2種類の果物で野菜不足も補える!
  3. 原材料の一部にフレッシュピューレ製法を採用しおいしさを実現!

例えば、毎朝起きたら「緑でサラナ」を1本飲む!ことを習慣づけるだけで良く、不足しがちな野菜摂取量も補うことができます。しかも、コレステロールが下がりすぎることもありませんので安心です。この手軽さが毎日続けられて、1億本以上の実績を出しているのでしょう。

ちなみに、生活習慣を変えることは脳の活性化にも繋がります。お得意先での新しいネタにもなりますし、次回の健康診断まで飲み続けてみませんか?きっと、悪玉コレステロール値が下がっているでしょう!

※毎朝飲むだけ⇒緑でサラナの購入はこちら。今なら10%OFF、送料無料です。


—————————————————
最後までお付き合い有難う御座います。
それでは、また次回。
—————————————————

↓次の記事
健康への機能を表示できる3つの「保健機能食品」の違いと特徴

Pocket

 




コメントを残す

*