健康リテラシー

健康への機能を表示できる3つの「保健機能食品」の違いと特徴

保健機能食品 
Pocket

特定保健用食品(トクホ)って聞いたことありますよね?でも、栄養機能食品とか機能性表示食品と言われても正直何が違うのか分かりませんね。健康リテラシーを高めるためにも、これらの違いと特徴を勉強しましょう。

一般食品、保健機能食品、医薬品の違いを知る

機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていました。しかし、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者がそうした商品の正しい情報を得て選択できるよう、平成27年4月に新しく「機能性表示食品」制度がはじまりました。特徴については、以下の表に分かりやすくまとめましたのでご確認ください。

保健機能食品の分類

特定の保健用食品(トクホ)の保健効果表示について

特定保健用食品(トクホ)は、体の働きに影響を与える内容を表示するため、国による厳しい審査があり消費者庁の許可を受けている食品です。また、健康が気になる人を対象としている食品ですので、病気の治療のために使用する医薬品とは違います。

私は毎朝、ケロッグのオールブランを食べているのですが、しっかりとトクホのマークが付いてました。許可表示には、「食物繊維の豊富な全粒小麦と小麦ふすま(ブラン)を原料にしていますのでおなかの調子を整え、便通を良好にします」、一日当たりの摂取目安量には「1日当たり60gを目安にお召し上がりください」、摂取上の注意には「食べ過ぎによりおなかがゆるくなることがありますが、これは一過性ですのでご安心ください」と書いてあります。
ケロッグオールブラン

なお、これまでに認められている主な保健効果の表示(関与成分)1~10は以下の通りです。

1.お腹の調子を整える食品

イソマルトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、ポリデキストロース、キシロオリゴ糖、グアーガム分解物、サイリウム種皮、ビール酵母由来の食物繊維、フラクトオリゴ糖、ポリデキストロース、ラクチュロース、寒天由来の食物繊維、小麦ふすま、大豆オリゴ糖、低分子化アルギン酸ナトリウム、難消化性デキストリン、乳果オリゴ糖、ビフィズス菌、乳酸菌等

2.血圧が高めの方に適する食品

カゼインドデカペプチド、かつお節オリゴペプチド、サーデンペプチド、ラクトトリペプチド、杜仲葉配糖体

3.コレステロールが高めの方に適する食品

キトサン、サイリウム種皮由来の食物繊維、リン脂質結合大豆ペプチド、植物スタノールエステル、植物ステロール、低分子化アルギン酸ナトリウム、大豆たんぱく質

4.血糖値が気になる方に適する食品

L-アラビノース、グァバ葉ポリフェノール、難消化性デキストリン、小麦アルブミン、豆鼓エキス

5.ミネラルの吸収を助ける食品

CCM(クエン酸リンゴ酸カルシウム)、CPP(カゼインホスホペプチド)、フラクトオリゴ糖、ヘム鉄

6.食後の血中の中性脂肪を助ける食品

ジアシルグリセロール、グロビン蛋白分解物

7.虫歯の原因になりにくい食品

マルチトール、パラチノース、茶ポリフェノール、還元パラチノース、エリスリトール

8.歯の健康維持に役立つ食品

カゼインホスホペプチド-非結晶リン酸カルシウム複合体、キシリトール、マルチトール、リン酸一水素カルシウム、フクロノリ抽出物(フノラン)、還元パラチノース、第二リン酸カルシウム

9.体脂肪がつきにくい食品

ジアシルグリセロール、ジアシルグリセロール植物性ステロール(β-シトステロール)

10.骨の健康が気になる方に適する食品

大豆イソフラボン、乳塩基性タンパク質

栄養機能食品の機能表示について

栄養機能食品は、特定の栄養成分の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するものをいいます。

栄養機能食品制度では、栄養機能食品として販売するためには、一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が定められた上下限値の範囲内にある必要があるほか、栄養成分の機能と注意喚起も表示する必要があります。以下、栄養成分の機能表示例を記載しますのでご確認ください。

n-3系脂肪酸

n-3系脂肪酸は、皮膚の健康維持を助ける栄養素です。

亜鉛

亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。
亜鉛は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
亜鉛は、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。

カリウム

カリウムは、正常な血圧を保つのに必要な栄養素です。

カルシウム

カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。

鉄は、赤血球を作るのに必要な栄養素です

銅は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
銅は、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。

マグネシウム

マグネシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。
マグネシウムは、多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。

ナイアシン

ナイアシンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

パントテン酸

パントテン酸は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビオチン

ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンA

ビタミンAは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。
ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB1

ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB2

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB6

ビタミンB6は、たんぱく質からのエネルギーの産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB12

ビタミンB12は、赤血球の形成を助ける栄養素です。

ビタミンC

ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。

ビタミンD

ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンK

ビタミンKは、正常な血液凝固能を維持する栄養素です。

葉酸

葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
葉酸は、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。

機能性表示食品の機能表示について

機能性表示食品は、生鮮食品を含む全ての食品(一部対象除外あり)で、企業が科学的根拠を販売前に国に提出する届出制で、企業の責任で機能性を表示する制度です。現在、300以上の商品が届出されており、消費者庁のホームページにUPされています。表示方法も決められていますので以下ご確認ください。

消費者庁ホームページ:http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

機能性表示食品表示

出典:消費者庁「機能性表示食品って何?」PDFより

以上、保健機能食品は健康維持・増進を助ける存在ではありますが、栄養素は食事から摂るのが基本。栄養バランスのよい食事を心がけて、その補助として健康機能食品を利用しましょう

—————————————————
最後までお付き合い有難う御座います。
それでは、また次回。
—————————————————

↓次の記事
酒は飲んでも飲まれるな!忙しすぎるサラリーマンの年末年始12か条

Pocket

 




コメントを残す

*