はじめに

本ブログの目的

本ブログは、”職場のモラル・ハラスメント(モラハラ)” 実体験者としての訴えから始まります。

”職場のモラル・ハラスメント”とは、
「不当な行為(身振り、言葉、態度、文書)を繰り返し、
あるいは計画的に行うことによって、人格や尊厳を傷つけ、
心身に損傷を与え、その人の雇用を危険にさらすことである。
また、そういったことを通じて職場全体の雰囲気を悪化させることである」

会社組織の中で、 ”職場のモラハラ”という存在を認識しており、 その実態を理解している人は非常に少ないのが現実です。現に私も知りませんでした。実際に被害にあった後、メンタル不調になってしまった後に、この存在を知りました。

専門書籍や関連ホームページなどで、モラハラ加害者のもつ ”自己愛性人格障害”という人格を知ったとき、その手口を理解したとき、自分が陥ってしまった罠はこれだと分かりました。

しかし、もっと早く相手の手口を知っていたら、自分としても対策が取れたのにと、悔しい気持ちでいっぱいにもなりました。そして、この悔しい気持ちを晴らすために は、職場のモラハラの存在を皆に知ってもらうしかないと思いました。これは、自分の職場だけ、自分の会社だけの問題ではありません。

競争的な社会・経済システムの中にある企業の実態は?

  • 業績をあげるためなら、個人の精神を破壊しても仕方ない、という考え方を会社が許してしまっている可能性があります。
  • メンタル疾患になった社員は、元々精神的に弱い所を持った人間なんだと、会社に利益を生まない人間なんだと、被害者側を”悪”としてしまう可能性があります。
  • ”職場のモラハラ”の知識や事例がほとんどないため、どのような行為がモラハラになるのか、認識することすら諦めてしまう可能性があります。

本ブログで知ってもらいたいこと

  • 職場のモラル・ハラスメントの実態
  • 加害者と被害者の特徴
  • 被害者にならないための知識と予防対策
  • メンタルヘルスからの復活方法

本ブログをご覧頂きたい方

  • 職場で上司や同僚との関係でストレスを感じているあなた
  • 実際に職場でモラハラ被害に被害に遭い悩んでいるあなた
  • 職場のコンプライアンス担当のあなた
  • 職場の労働組合の役員・委員のあなた

以上の内容を中心に、私の実体験と専門書籍の情報をあわせて報告します。
最後に、本ブログが少しでも”あなた”の手助けになることが出来れば幸いです。