職場のモラハラ実録

モラハラ上司の手口(2)自主性を奪う

モラハラ手口 
Pocket

モラハラの加害者にとって、あなたのような「自立した人間」はとても面倒なため、ダメ人間のように扱い、自信を喪失させ、自主性を奪っていきます

自分の手足のように動けばよいだけの”モノ”に意思があってはいけないのです。思い通りに動く手足になるということは「動かされている」ことなのです。 そこに自主性は全くない。

なぜ、そうなってしまうのか?

ターゲットになるのは誰なのか?

本ブログで何度か説明していますが、職場のモラハラ被害者になりやすいのは、右も左も分からない「若手」よりも、社会人の経験が長い「中堅・ベテラン」なのです。

社会人経験のない新入社員、経験が少ない入社数年の若手社員、及びパートや派遣社員に対して「自主性を奪う」という表現はあまり適切でありません

そもそも、仕事に対して「What(何を?)」「Why(なぜ?)」「How(どのように?)」やればよいか分からないためです。さらには、分からないことが当たり前で、本人達も同意しているからです。

つまり、先輩社員が同じ目的を達成するために、後輩・新人を指導するという範囲であれば、自主性を奪って支配するような行為ではないのです。

経験のある「中堅・ベテラン社員」が自主性を奪われるとどうなるか?

その人間は、加害者によって「意見の言わない人、自分で判断しない人、単なる作業員」になります。

私の場合、これまで、社内外の関係者との調整事項について、自ら積極的に動いて解決していましたが、そのような会議の場をセッティングするだけの人になっていきました。

上司が参加する会議に同席しても、ただメモを取って、議事録を作成するだけの人になっていきました。意見を求められても、上司が考えるような正しい返答ができるか不安なので存在をなるべく消していました

要は、自分の考えに全く自信がなくなってしまい、意見の言わない、会議に出る必要のない人間になっていったのです。

上司はどのように、私をそういう人間にしていったのか?

私を自分の支配下におくため、意見や主張を全く認めず、知的・精神的に服従させたのです。

とにかく、上司の仕事のやり方を正として、私の仕事のやり方を全否定します。上司が赴任してくる前まで、新しい事業の基盤を固めるための苦労が沢山ありましたが、少しずつ整えて、事業を2倍に成長させてきました。

しかし、上司は自分がいなかった期間の出来事を全否定するのです。

面と向かって言われたこともあります。

しかし、屈辱だったのは、部内の同僚や他部門の人たちがいる「会議」の中で何度も、上司がいなかった期間の自部門の「努力や成果」を全否定するのです。そして、これから自分が変えていくと豪語するのです。

自分の主張を正当化するために、事実を歪曲して伝えるやり方、確信犯以外の何者でもありません。

それは、「事業部門の成長のため、現状の変革が必要である」という内容について、(2)のような言い方をするのです。

(1)[更なる成長のため ⇒現状の変革が必要]
(2)[更なる成長のため ⇒ 過去のやり方が駄目 ⇒現状の変革が必要]

分かりますでしょうか。(1)のように、更なる成長のため、現状の変革が必要なのはOKです。

しかし、上司は、過去の成長過程を一切認めず、そこを全否定することを「世論」に変えてしまったのです。

過去の実績の全否定が関係者の合意事項となってしまったとき、私は、どんどん自信を失っていき、自分の意見を言わなくなっていったのです

 

—————————————————-
最後までお付き合い有難う御座います。
それでは、また次回。
—————————————————-

↓次の記事
モラハラ上司の手口(3)「相手を孤立させる」

Pocket

 

ebook無料レポート

あなたも、上司や同僚からの
モラル・ハラスメントに
悩んでませんか?


医者から適応障害と診断された筆者が、自分が職場で上司からモラル・ハラスメントを受けていたことを仮説検証した実際のレポート

<レポートの内容> 全79ページ

1.はじめに
2.仮説1の検証
《仮説1》当事者は上司からモラハラ的な行為を受け続けたことが原因で、身体的・精神的苦痛を味わい、結果適応障害となった
《参考資料》書籍:モラル・ハラスメント~人を傷つけずにはいられない~
3.仮説2の検証
《仮説2》上司はモラハラ加害者がもつ、自己愛的な性格が変質的にまで高まった人間である可能性が高い
4.おわりに

私が体験した職場のモラル・ハラスメントの全貌を確認してみてください。

ebook無料ダウンロードページへ




コメントを残す

*