メンタルヘルス対策

メンタル疾患から社会への完全復帰を実現した2つの大きな要因

完全復帰 
Pocket

2016年も今日で終わります。「今年本厄だった職場のモラハラ被害者が神様に振り回される!?」で紹介しましたが、同時に大厄(本厄)とおさらばできるので良かったです・・・。後厄もしっかりと御祓いしますので神様何卒宜しくお願い致しますm(_ _)m

さて、今年は私にとって大きな転機となりました。前職含めて会社生活5563日目、適応障害というメンタル疾患で4ヶ月間休養を余儀なくされたのです。私にとってとても衝撃的で、例えばオセロの白だった自分が裏返しにされてしまったかのよう・・・、例えば鬼ごっこでタッチされても鬼にならない小さな子供になったかのよう・・・とにかく絶体絶命のピンチに追いやられたのです。

完全復帰に約6ヶ月の時間を費やした

現在、2016年の大晦日ですが、半年前の私の状態(心と体と脳の状態)から比べると比較にならないほど良いです。6月末から約4ヶ月休養し、11月に復帰して2ヶ月が経ちました。

職場復帰に伴い、私が講じた3つの施策と初日の効果検証結果」や「職場のモラハラ被害者が社会復帰へ。最初の2週間を振り返る」でご紹介した復帰に伴い打った施策が功を奏し、着実に職場へ適応していくことができたのです。先日、会社の産業医の先生からは、施策の内容と回復状況がすばらしいと誉められたほどです。

この完全復帰を実現できた大きな要因が2つあります。

  1. 人生観が変わった。仕事中心の生活から脱却したこと
  2. 危機的状況を助けてくれた恩人たちがいたこと

人生観が変わった。仕事中心の生活から脱却

これは、自身の状態を完全なものに取り戻すためには良いことだと思います。誰が何を言おうと自分が作った毎日のリズム(ルーティーン)を崩さないように生活するのです。私の場合は、出社前に職場まで約1時間ウォーキングをしてギリギリに会社へ入ります。今までは、早めに会社に入りメールをチェックしたり、早めに仕事に着手していましたがやめました。

お昼は、外食から弁当に変えて昼休み10~15分仮眠を取るようにしました。新入社員当時、毎日とても疲れて昼休みに仮眠していたことを思い出しました。また、残業規制が掛かっていたのもありますが、毎日早く自宅に帰り家族と過ごす時間を増やしました。

帰宅後は、なるべくブログを書く時間を取るようにしました。匿名での投稿ではありますが、自分の興味があることを整理して文章に表現することが楽しくなりました。夜更かしはせずに、しっかりと睡眠が取れるように心がけましたわずか10分で眠りに落ちる音楽の正体はバイノーラルビートだった)。

このように、仕事のために○○を捨てて、ひたすら仕事を頑張ることをやめたのです。無意味な○○、非効率的な○○(依頼、打合せetc)を断り、重要度が低い仕事には手を付けず、これまで以上に質と効率を重視して仕事に取り組むことにしたのです。

危機的状況を助けてくれた恩人たちがいた

危機的な状況に追い込まれた私を助けてくれた皆さん、本当に感謝しています。細かい話は分からないのに、皆さん私の味方になってくれたので、何度も心が救われました。もし逆の立場になったとき、もし友人や同僚が危機的な状況に追い込まれたときは、私が一番の味方になります。

私のことを心配してくれた沢山の恩人たちの存在。皆さんの言葉と想いが、6ヶ月で私が完全復帰できた一番の要因です。ありがとうございました

《現職 上司Eさん、部下Mさん》
私と近い場所で仕事をしていたこともあり状況を良く理解してくれている2人です。休養中にも数回会って職場の情報交換したり、実録レポートを共有したり私が孤立しないで居られたのは2人のおかげです。有難う御座いました。

《現職 K社長》
休養中に2回ほど昼食を食べる機会を作って頂き、自身の体調や家族の状況を心配してくれました。有難う御座いました。

《現職 Tさん》
結果は置いといて、状況を心配して労働組合へ働きかけてくれました。ありがとう。

《恩師 Hさん》
休養中、突然の訪問だったにも関わらず沢山話を聞いて頂き、妻や家族のことを心配して下さり有難う御座いました。

《前職 上司Nさん、Oさん》
休養中に突然の訪問にも関わらず、私の味方になって話を聞いて頂き有難う御座いました。人を壊すような奴のことを馬鹿と言うんだ。そんな奴はゴミだと思えばよい。ゴミのことを考えるのは時間の無駄だ。ただ、私のことを想って言ってくれた様々なアドバイスに心を救われました。

《現職 同僚Mさん、Eさん》
休養中に地元まで会いに来てくれて、絶対に許せないと会社に楯突いてくれてありがとう。

《前職 先輩Kさん》
休養していることを聞きつけ心配して、食事する機会を作って頂き有難う御座いました。長い付き合いではありますが、転職先候補の紹介など有難う御座いました。

《前職 先輩Eさん》
今は独立して会社を立ち上げ成功していますが、休養中忙しい中、食事する機会を作って頂き有難う御座いました。モラハラ上司は放射性廃棄物だと教えてくれました。何かあったら、いつでも助けてあげるから思い切ってやりなさいと背中を押してくれました。

《前職 上司Kさん》
復帰後、心配して食事をする機会を作って頂きました。同じ転職組ですが、前職での苦労を分かち合ったこともあり、うちで一緒に働かないかと会社に誘って頂き有難う御座いました。

《現職 同僚後輩Kさん、同僚Sさん》
復帰後に心配してくれて個別に話を聞いてくれてありがとう。

《現職 同僚Nさん、Sさん、Hさん》
復帰後に食事会開いてくれてありがとう。

《学生時代の友人達》
年末は楽しかった。みんな心配してくれてありがとう。

《家族》
心配かけてすみません。支えてくれてありがとう。子供達いつも元気な笑顔ありがとう。

 

来年はいい年にするぞ!

—————————————————-
最後までお付き合い有難う御座います。
それでは、良いお年を!
—————————————————-

Pocket

 




コメントを残す

*